2021年9月26日日曜日

【ブラックウール】MARKAWARE サックコート A21C-16JK01C ペグトップ A21C-16PT01C

こんにちは、baudelairです。

少し天気が下り坂の日曜日。台風が接近しつつあるそうで、数日間は天気予報が気になりそうです。しかしながら、残暑も一緒に吹き飛ばしてくれそうで 本日は半袖だと少し肌寒さを感じるぐらいです。

さて、本日は週末に入荷したMARKAWAREのアイテムをご紹介いたします。






有色羊ブラックシープの毛をそのまま手を加えずにナチュラルに使用した素材になっております。詳しくは以下に掲載しております、デザイナーコメントをご覧いただければと思います。


デザイナーズコメント

BLACK WOOL 2/48 JAPAN FLANNEL

メリノ種の羊は白ばかりというイメージがあるかもしれません。しかし、生まれてくる羊の内3%程度は茶色や黒などの有色です。しかし、それらの毛が市場に出回ることは ほとんどありませんでした。市場価値を持つのは白で、その中に少しでも色の付いた毛が入っていると、商品価値が下がってしまいます。そのため、倉庫での保管時やウールを洗う洗毛工程、それに続くカーディング、コーミングなどの工程で有色が混じってしまうことを防ぐために、これらを行うトップ工場は有色ウールの加工を行いません。生まれてきた有色羊は、その毛を手洗いしてから手芸用に太い糸を紡ぐか、その前に食用に回されていました。しかし、近年のサスティナブルな志向により、ナチュラルカラーのウールを加工するトップ工場も出始め、徐々に洋服用の原料として出回り始めています。

このフラノに使ったのは、その中でも特に濃色のブラックメリノ。見た目は真っ黒の羊ですが、刈り取った毛は黒くは見えずダークブラウンです。通常、太い毛が多い有色メリノの中では最も細いクラスの21.5マイクロメートルと、とても希少な原料です。その毛で作った梳毛の四八番双糸を愛知県一宮市のシャトル織機で織り、岐阜県大垣市で明治時代から続く工場にて地下水を使ってフラノ仕上げしました。天然の豊かなトップカラーと、日本の生地づくりの伝統が活きた素晴らしい生地が出来ました。


そして、サスティナブルだから良いと言うつもりはないのですが

こちらの素材、天然由来の上質な艶、そして奥行きのあるカラーを持っており 非常に深みのある色合いをしております。




しっかりとした生地圧になっており、秋本番から真冬まで対応いただける素材感になっています。

ややリラックス感のあるサイジングなので、インナーに厚手な物をセレクトする事も可能かと思います。



同素材のパンツはペグトップ。

適度な緩さと、テーパードの効いたメリハリ感が 様々なスタイルと合わせやすく非常に人気のシルエットになっております。



もちろん、セットアップでの着用をオススメしたいのですが 各々単体でも非常に活躍してくれるアイテムになっております。



深みのあるナチュラルブラウンカラー。是非手にとっていただきたいアイテムです。


MARKAWARE

BLACK WOOL 2/48 JAPAN FLANNEL 

SUCK COAT 

A21C-16JK01C

75900円

https://www.baudelair.com/markaware/mar-024/


BLACK WOOL 2/48 JAPAN FLANNEL

PLEATED FRONT PEGTOP 

A21C-16PT01C

40700円

https://www.baudelair.com/markaware/mar-025/






baudelairでは新規スタッフを募集しております。

アルバイト又は契約社員・正社員を募集しております。

経験・未経験を問わず募集しておりますので、ファッションがお好きな方は是非

詳細はコチラよりどうぞ。



No Fashion,
No Life.


お問い合わせ、ネット通販はボードレーHPより→http://www.baudelair.com/

Instagram→https://www.instagram.com/baudelair.kobe 




注目の投稿

【正統派】RIPVANWINKLE ヴィンテージメルトン チェスターコート RB-352

こんにちは、baudelairです。 急激な寒さに、自宅クローゼットからニットを引っ張り出してきたら、思っている以上にくたびれてショックな本日。仕舞った時は、まだまだ来年も大丈夫だなって思ってたんですけどね。これ、ニットあるあるですよね。何か新しい暖かなアイテムを探さないとです。...