2021年11月29日月曜日

【極柔暖】MARKAWARE アルパカフリース スポーツカーディガン A21C-18BL01C

こんにちは、baudelairです。

あと2日で師走に突入すると思うと、1年の早さに驚くばかりじゃないでしょうか。
本格的な寒さが始まり、山の上では冠雪があったりするようです。本気の冬支度を始めなければですね。


ということで、本日はMARKAWAREからサスティナブルで極暖な一着をご紹介。今シーズンのアウターのラインナップでも、特に柔らかく気持ちの良いアイテムになっております。




スポーツイメージの強いフリースブルゾンを、天然繊維で作ってみようという意欲的な一着がコチラになります。
しかもアルパカ100%で作ってしまうあたりが、妥協のないMARKAWAREならではの最高クオリティな一着です。


染色をしない、地球に優しい作りに拘り アルパカウールのフワフワ感をしっかりと楽しめる一着。いわゆるフリースとは全く違う表情で、フリースを着てると思わせておいて、高品質なアルパカを纏っている 隠れ贅沢みたいなアイテムです。


素材について、デザイナーコメントがコチラ。

NATURAL COLOR ALPACA FLEECE

動物のようなモコモコ感と暖かさをアルパカ100%の毛で作りました。ウールのフリースはよく見かけます。アルパカと言いながらアルパカ混のフリースもあります。しかし、アルパカ100%の毛のものは希少です。それもナチュラルカラーで。ナチュラルブラックのファインアルパカを使用しています。

残念ながら、裏側の基布はポリエステルです。せめてもとと思いリサイクルポリエステルを使いました。本当はウールなどにしたかったのですが、抜け毛の問題が解決できずにこうなりました。静電気の問題などもあり、本当は使いたく無かったのですが・・・。表をアルパカ100%にするだけで、難易度が上がるので難しかったです。

そんなデメリットもありながらも、出来上がった生地はアルパカの毛が本来持つ柔らかさやモコモコ感が出た良い風合いです。ナチュラルカラーは優しい感じもあり、スポーツウェア特有の頑張った感じを払拭出来ていると思います。マイクロプラスティックの問題があるので、洗濯はなるべくしないでブラッシングとスチーマーでお手入れしてもらえると嬉しいです。


一度、袖を通してもらうと 天然繊維ならではの身体の奥から暖まるような温もりを感じていただけると思います。柔らかな毛質でチクチクが苦手な方は、気持ち良く着ていただけると思います。




染めを行っていない、ナチュラルブラックが非常に優しい色合いになっています。

完全なブラックではないですが、それが魅力の一着です。


地球に優しく、なおかつ高品質で暖かな一着。
是非お試しいただきたい、今シーズン一押しの一着です!!


MARKAWARE





baudelairでは新規スタッフを募集しております。

アルバイト又は契約社員・正社員を募集しております。

経験・未経験を問わず募集しておりますので、ファッションがお好きな方は是非

詳細はコチラよりどうぞ。



No Fashion,
No Life.


お問い合わせ、ネット通販はボードレーHPより→http://www.baudelair.com/

Instagram→https://www.instagram.com/baudelair.kobe 



注目の投稿

【ラストスパート】冬アウター 一部値下げしました

こんにちは、baudelairです。 極寒に感じる、今週。 冬が寒いと、桜がキレイに咲くそうで。明るい未来の為には、今しっかりと耐え忍ぶ必要があるというのは、人生や仕事と同じみたいです。 とは言え、寒さを無理に我慢していただきたいと思っております。 冬アウターが、もう残り少ないの...