2012年7月3日火曜日

新作予約受付中!

こんにちは、baudelair Hです。



唐突ですが、最近家をリフォームしようと思って、さまざまな家のホームページを見ています。

イメージを固めるために、色々と見ていたら、あるホームページで『確かな素材を使い、長く使う』というコンセプトを持っている家がありました。



この確かな素材という部分、まさにbaudelairでも大事にしている部分で勝手に共鳴を覚えてしまいました。


家とファッションでは、全く同じ括りでは語れませんが・・・

この素材という部分はbaudelairでも非常に重要視しています。

コレクションブランドなどをはじめとする、デザイナーによるファッションってやはり見た目が印象的でそこばかりが語られる事が非常に多いです。

キレイなシルエットであったり、驚くようなデザイン、それらももちろん重要なポイントですが

素材もデザイナー自身がたくさんの生地の中から選んでいるという事はやや忘れられてしまっているポイントのように思われます。



もちろんデザインによっては、耐久性を無視したようなアイテムもありますが

ほとんどの商品は素材の丈夫さや機能性、また素材の特性を活かしデザインに反映させているものが多数です。


よくbaudelairのようなデザイナーによるブランドの服は高いと言われます。が・・・・

その裏には、素材・シルエット・デザイン様々な面から、より良い服を作ろうとした想いが込められています。

ファストファッションと言われるショップにも、一見デザインのあるような服が多数並んでいたりします。

それらの服を使用して、1回洗濯したら色が変わったり、形が崩れたりという経験お持ちの方多いのでは無いでしょうか。

なぜか服だけは、安価なものが重宝されているような気がします。

財布や時計は非常に高価なのに、服だけが安価という方・・・非常に多いです。

パッと見は同じように見えても、その裏には様々な違いが隠されているものです。



と、長々と書いて思ったのですが、baudelairのブログを見てるような方には、あまり必要無い話だったかも・・・(笑)






さて、先日もご紹介しましたが2012 - 2013 Autumn / Winterの入荷予定アイテムを店頭・ホームページでご紹介しております。



秋冬ファッションの主役は、やはりコートやブルゾンなどの真冬用アウターだと思います。

すでにたくさんのお問い合わせを頂いております。

もし気になるアイテムがありましたら、入荷連絡や予約も可能です。

人気アウターはやはり争奪戦になりますので、入荷連絡だけでもされている事をオススメいたします。



最近よくある受注会というシステム、baudelairでは採用していません。

少し早めに受注会でオーダーしても、実際のシーズンになると気が変わって・・・でもキャンセル出来ないなんてよくあるんじゃないでしょうか。

受注会システムは、お店側には在庫を抱えるリスクが無く非常に有効なんですが・・・

気が変わったりした時に、店とお客様にトラブルが出る場合があります。



さらに言えば、ほとんどの場合・・・実際に買う時には気持ちが変わってると思います。

欲しい色が変わってたり、デザインすら全く違うものが欲しくなってたり・・・

自分自身、展示会でオーダーして来た時と、入荷時期では全然違った感想を持つ事が多々あります。

実際に買う時に一番満足して頂きたいので、あくまで商品を見て購入して頂きたいというのがbaudelairの考えであります。


なので、1つのアイテムが受注会で人気を博していたので何十着とオーダーしているというのはbaudelairではありません。

ですから、気になったアイテムは早めにスタッフにアピールください。

入荷連絡は予約とも違いますので、余計な気を使う必要もありませんのでオススメです。




文章だらけで読み辛く申し訳ありません。


SALEもまだまだ開催中です!

7月より関西では節電期間となりました。

夏を涼しく過ごせるアイテム、まだまだありますので是非お早めに!!




お問い合わせ、ネット通販はボードレーHPより→http://www.baudelair.com/

その他、スタイリングフォト等はこちら→ http://navi.zozo.jp/shop/?sid=2424



baudelair ボードレー

〒650-0021

神戸市中央区三宮町2-8-9

078-391-4756





注目の投稿

【コラボ】NANGA Kangaroo Leather Reversible Down Jacket NA1968-01 【新入荷】

こんにちは、baudelairです。 いずれ出るだろうとは思っていましたが、やっぱり変異株が出ましたね。。 オミクロン株と名付けられたそうで、まだ全容が判明してないものの気になります。しかしながら、ワクチンなども かなりスピーディーに新型に対応出来るそうなので それまでしっかりと...