2011年12月16日金曜日

Smith &amp&#59; Hardy Pコート

こんにちは、baudelair Hです。


12月も、もう半分が過ぎてしまいました・・・

師走の名の通り、この年末の時期はイベントが多く、あわただしい日々を過ごしている方も多いのでは無いでしょうか。

連日の忘年会があったり、クリスマスを控えていたりと、イベントが続きますので、体調管理は是非とも気をつけてください。


今年の冬は、気温の寒暖の差が激しいので、薄着で油断していると、すぐに風邪を引いてしまいます。

しっかりと予防して、楽しい年末をお過ごしください。


本日はしっかりと寒さ対策を施されているアウターをご紹介いたします。

元WHEREABOUTSのデザイナー福薗氏による、今シーズンからスタートしたSMITH & HARDYです。

WHEREABOUTS時代を彷彿させる、ベーシックなアイテムを基本として、そこに福薗氏ならではのエッセンスを織り交ぜたブランド構成になっております。

SMITH & HARDYというブランド名も、欧米では一般的な名前であり、ベーシックを基礎としたブランドイメージを表現すると言うことで名づけられています。

ベーシックなシャツであったり、チノパンであったり、様々なアイテムをシルエットなどを現代風にアレンジしながらも、昔からの良き風合いを残しつつ、洗練されたアイテムのラインナップとなっています。


本日は、その中でもピーコートをご紹介いたします。

WHEREABOUTSの時代も非常に人気があり、毎シーズン完売していたアイテムになります。

SMITH & HARDYでも、新たにピーコートを発表しています。


非常に高密度なメルトンウールのボディとなっています。

とてもしっかりとした素材なので、全く風が入ってこない素材となっています。

フロントは、余計なデザインの一切を排除した、非常にシンプルなデザインとなっています。

存在感はありますが、決して大きすぎない襟の形が非常にキレイなバランスを出しています。

カラーはPコートの一番人気カラーのNAVY(濃紺)のみのデザインとなっています。



baudelair


もちろん、裏地もしっかりとキュプラで入っており、長く愛用していただけるコートです。

正直、baudelairで取り扱っているピーコートの中では、少し高めの価格になっています。

その価格は、やはり素材の差が大きいと思います。

非常に身が締まったような、高密度な素材は他のメルトンウールとは全く違います。

着用当初は、少し硬く感じるかもしれませんが、長く愛用して頂くうちに、自然と柔らかく馴染んでいきます。

長く愛用していただくためにも、非常に丈夫な素材だと思います。


是非、一度お試しください。
baudelair



SMITH & HARDY

P-COAT
SH-10101
1

NAVY
\86,100


お問い合わせ、ネット通販はボードレーHPより→http://www.baudelair.com/

その他、スタイリングフォト等はこちら→ http://navi.zozo.jp/shop/?sid=2424




注目の投稿

【極柔暖】MARKAWARE アルパカフリース スポーツカーディガン A21C-18BL01C

こんにちは、baudelairです。 あと2日で師走に突入すると思うと、1年の早さに驚くばかりじゃないでしょうか。 本格的な寒さが始まり、山の上では冠雪があったりするようです。本気の冬支度を始めなければですね。 ということで、本日はMARKAWAREからサスティナブルで極暖な一着...