2016年5月6日金曜日

ELEVENPARIS プリントTシャツ




こんにちは、baudelair Hです!



GWいかがお過ごしでしょうか?




昨日でGWが終わったのか、本日の中日を挟んで、最後の2日もGWにしてしまうのか。。
難しい所です。




昨日は、期間中唯一の休みでしたので、家族と軽ハイキングに出掛けてきました。








こんな日の為に着ているMofMのブルゾンですが、あまりの陽気の為に、早々とTシャツ姿になってしまいました。
天気に恵まれた、良い日でした!



日々、気温がグングンと上がってきていますので店内もガラッと雰囲気が変わり
Tシャツやショーツなどがメインとなっています!



本日はインパクト抜群のTシャツ群をご紹介いたします!


昨年、大ブレイクしたELEVEN PARISのTシャツです。

今シーズンはBASQUIATプリントのTシャツが要注目です!




バスキア、ご存知の方も多いでしょうが・・・
ネットから抜粋してきました。


【ジャン=ミシェル・バスキア】
1960年12月22日、ニューヨーク州ブルックリンの中流家庭に生まれた。公認会計士の父はハイチ出身、母はプエルトリコ出身。母は幼い息子をニューヨークの美術館によく連れて行った。7歳のとき、車にはねられ入院、脾臓を摘出。入院中に母が贈った『グレイの解剖書』の図版はその後の作品の重要なモチーフとなる。その年両親が離婚、バスキアは二人の妹とともに父親に引き取られる。17才の時に友人とインチキ宗教を生業とする、架空のキャラクター<SAMO>を創り出し、ダウンタウンで署名入りの詩的な落書きをして知られるようになる。その後、ハイスクールを中退、家を出てその日暮らし、手作りの絵葉書や、Tシャツを売ってお金を稼ぐ。やがて、マッド・クラブやクラブ57の常連となり、バンド<グレイ>の活動を経て、大規模なグループ展「タイムズ・スクエア・ショウ」に参加。美術界に足を踏み入れたバスキアは、画商、ギャラリスト、評論家そしてアンディ・ウォーホルらに認められ、絶大な人気と不滅の栄誉を確実なものとする。ウォーホルの死後、ドラッグの量が増え、奇行や妄想壁が目立つように。88年8月12日、薬物の過剰摂取により死亡、享年27歳。



圧倒的なインパクト!
強烈な印象を与えますし、ぐいぐいと心が引っ張られるアート性です。


そんなプリントTシャツがこちら!


















どの作品でも強烈な個性を放っているのでは無いでしょうか?
バスキアのプリント、某大手安売り衣料店でも取り扱いしていました。

が・・・


ここだけの話、プリントのカラーや質感・・・
全く違います!


他のプリントやカラーもありますので、是非ご覧になってください!!




また、恒例のDISNEYコラボも入荷しております!















ミッキーの他にはアリスなどもございます!
STARWARSコラボも入荷しておりますので、お気に入りの一枚をきっと見つけて頂けると思います!!


GW、最後の土日、ご来店をお待ちしております!!




また、baudelairでは只今スタッフを募集しております。
男女関係なく、接客・ファッションが好きな方を募集しております。
未経験でも問題なし!!
詳しくはコチラをご覧ください!!





No Fashion,
No Life.


お問い合わせ、ネット通販はボードレーHPより→http://www.baudelair.com/ 
FACEBOOK→https://www.facebook.com/pages/Baudelair/313190085446956


注目の投稿

【正統派】RIPVANWINKLE ヴィンテージメルトン チェスターコート RB-352

こんにちは、baudelairです。 急激な寒さに、自宅クローゼットからニットを引っ張り出してきたら、思っている以上にくたびれてショックな本日。仕舞った時は、まだまだ来年も大丈夫だなって思ってたんですけどね。これ、ニットあるあるですよね。何か新しい暖かなアイテムを探さないとです。...