2018年10月29日月曜日

機能美 meanswhile Padding Down Jacket 

こんにちは。baudelair sugimotoです。


本日ご紹介させていただくのは、meanswhile 「Padding Down Jacket」です。


【機能をデザインする】
「身体に最も近い道具」「デザインは目的ではなく手段」。日常着である以上、服は衣装ではなく道具である。
道具の為にデザインがあり、目的の為に道具が存在する。目的がスタイルになり、スタイルがファッションになる。がブランドコンセプトのミーンズワイル。
本来、ファッションブランドのデザインとは見た目を一番に重視するものです。
その基本的な概念を否定し、服を身近な道具と捉え、デザインは付いてくるという斬新なコンセプトなのですが、ここの服に触ってみるとその意味がよく分かるんです。

【ディテール】

生地には、レインウェアや傘に使われる事が多い、ナイロンタフタを使用しています。
ただのナイロンタフタではなく、表面に塩縮加工を施し耐久性をパワーアップさせ、なおかつ全体にヴィンテージような独特な風合いを演出するのに成功しています。


ダウンの性質上、潰れると保温性を発揮出来ないため、椅子などにもたれた際に潰れてしまう背面だけ、プリマロフトに切り替えています。
「そこまでやる?」と声が出ちゃうのがこのブランドの強み。


フロントは安定の止水ジップを使用。止めるのは水だけではなく、真冬の冷たい風もシャットアウトし、暖かくなった体温も逃しません。
機能性を持たせつつ、デザインにも一役買っています。



袖口は風が侵入しないようにテープで絞れる設計です。この辺りも抜かりありません。



ジップを首元まで上げれば、マウンテンパーカーのような趣に。
防水性と防風性を完備した最強アウターとして、真冬に活躍してくれるでしょう。


着用すると、細すぎず、ゆるすぎない、ちょうど「今っぽい」空気感です。
街着として言うことなしですし、本格アウトドアにも対応可能ですので、流行りの冬キャンプに連れて行くのもアリだと思います。

機能面とデザインを携え、既に多数の顧客を抱える同ブランド。
まだまだ新しいブランドですが、NIKEやNANGAとコラボしていたり、徐々に頭角を表して来ています。
一般層に浸透する前にゲットして、少し優越感に浸れるのはこの時期だけですよ!(笑)


【まとめ】
・機能面とデザイン性を兼ね備えるダウンジャケット
・防水・防風完備のぬくぬくアウター
・アウトドアフィールドにも対応可能
・ちょいゆるの今風シルエット



meanswhile  「Padding Down Jacket」MW-JKT18208/size M/¥83,000+TAX



【size spec】

size M ゆき丈90 / 袖丈56 / 身幅61/ 着丈72




baudelairではバイヤー・店長を目指したい方、ホームページ制作が出来る方を募集しております。

男女関係なく、募集しております。もちろん、レギュラースタッフや、アルバイトも。

未経験でも問題なし!!

詳しくはコチラをご覧ください!!



No Fashion,
No Life.


お問い合わせ、ネット通販はボードレーHPより→http://www.baudelair.com/ 
baudelair YAHOO店→http://store.shopping.yahoo.co.jp/y-baudelair/
FACEBOOK→https://www.facebook.com/pages/Baudelair/313190085446956
Instagram→https://www.instagram.com/baudelair.kobe/





注目の投稿

【正統派】RIPVANWINKLE ヴィンテージメルトン チェスターコート RB-352

こんにちは、baudelairです。 急激な寒さに、自宅クローゼットからニットを引っ張り出してきたら、思っている以上にくたびれてショックな本日。仕舞った時は、まだまだ来年も大丈夫だなって思ってたんですけどね。これ、ニットあるあるですよね。何か新しい暖かなアイテムを探さないとです。...